ポップミュージッククリエイターBerry(ベリー)Webサイト

Berry(ベリー)

プロフィール

THE BUNNIES(ザ・バニーズ)とは

1996年姫路で結成。数度のメンバーチェンジを経て、現在はReeko(Ba.Vo)、Hong-Chang(Dr.Vo)、FIVE(Key.Vo)、ASUKA(Gu.Vo)の4人で大阪を拠点に活動中。 メンバー4人全員による曲ごとのリード・ボーカルをとるスタイル、清涼ドリーミー・コーラスで、ルーツ・ミュージックである、 50's~60's R&B~ドゥワップ/ガールPOPS/サーフ・サウンドをオマージュさせた独自のスタイルは、近年稀な世界的トップ・レベル! 1998年ファーストアルバム「THE BUNNIES」、2002年セカンドアルバム「OOH WEE BABY」、同2002年マキシシングル「You Are For Me」、 2013年サードアルバム「What's So Sweet About Sweet 17」、2016年7インチ「Darkness」をリリース。

メンバー

左上Reeko(Ba.Cho)、右上FIVE(Key.Vo)、左下ASUKA(Gu.Vo)、右下Hong-Chang(Dr.Vo)

THE BUNNIES

Berry加入から産休までのエピソード

2010年頃、当時は自分のバンドTHE MILKEESとして活動しておりバニーズとは何度も共演していたが、当時のバニーズはギターの固定メンバーがいなくて、 サポートギターが入れ替わっている状況。そんなとき何かのきっかけで一度弾いてみる?という流れになり、スタジオ練習に入ってみることとなった。 このときの感動は言葉にしがたい。バニーズに憧れてガールズバンドを結成した女の子は2000年代初頭、全国にたくさんいた。自分もそのうちの一人で、 まさか自分がメンバーとして一緒のステージに立ってバニーズの曲を歌い演奏する日が来るなんて。もちろんアルバム収録曲は頭にインプットされているし、 コード進行も完璧に練習してスタジオに向かった。バニーズのスタジオは予想していたものと少し違ってかなりゆるかった。コーラスもそのときの気分で パートを入れ替えたりしていることを初めて知った。でも、そのコーラスワークに対する情熱は予想よりもずっとずっと深かった。実際に一緒に演奏を してみてわかることがたくさんあった。その後、2011年にミルキィズを活動休止してからはバニーズをメインに音楽活動を開始した。バニーズメンバーも 女性ギタリストが固定で入ること自体久々だったので、女性の4部コーラスができることをとても喜んでくれた。新しいカヴァー曲やオリジナル曲を作り、 曲がたまってきたのと、今のメンバーで何かカタチに残したいという思いもありレコーディングを開始し、サードアルバムをリリースした。自分がバニーズの アルバム制作に関われたことも夢のようだった。ちなみに、わたしがBerryではなくASUKAと名乗っているのは、バニーズのリーコさん、ホンチャンさんと 出会ったのがわたしが大学生の頃で、まだBerryとは名乗っておらず、ふたりからはあすかちゃん(本名)と呼ばれていて今さらBerryちゃんと呼んでもらうのも 気持ち悪かったので、バニーズではASUKAでいくことにした。2018年6月23日、秋の出産を控えしばらく音楽活動を休止するにあたり、どうしても大阪で最後に ライブをしたいというわたしの気持ちをバニーズメンバー、It's Finking Timeの岡ちゃんタカオくんが汲み取ってくれて無事にラストライブを決行できた。 心から感謝です。また育児がひと段落したら一緒に演奏できる日がきたらいいなと心から思っています。

Youtube

「Darkness」ミュージックビデオ

THE BUNNIES公式サイトはこちら

THE MILKEESについて
ザ・喫茶店について
プロフィールに戻る